Karajan Symphony Editionを聴く(33)

Karajan Symphony Editionのシューマン編の2枚目。シリーズ通算としては33枚目。曲目は以下の通り。

Schumann
Symphony no. 3 in E flat major, op. 97 "Rhenish"
1.1.Lebhaft
2.2.Scherzo. Sehr mäßig
3.3.Nicht schnell
4.4.Feierlich
5.5.Lebhaft

Symphony no. 4 in D minor, op. 120
6.1.Ziemlich langsam - Lebhaft - (attacca:)
7.2.Romanze. Ziemlich langsam - (attacca:)
8.3.Scherzo. Lebhaft - Trio - (attacca:)
9.4.Langsam - Lebhaft

シューマンの交響曲が2曲。交響曲第3番「ライン」は優雅な交響曲だと思う。交響曲第4番は第1楽章から第4楽章まで休みなしで演奏される珍しい構成。演奏者は大変そうだ。シューマンの交響曲は未熟さが良いという評論もあるようだが、どういうことなのかちょっとわからない。どちらも良い交響曲だと思うんだけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント