Karajan Symphony Editionを聴く(37)

Karajan Symphony Editionのチャイコフスキー編の3枚目。シリーズ通算としては37枚目。曲目は以下の通り

Symphony no. 4 in F minor op. 36
1.1.Andante sostenuto - Moderato con anima - Moderato assai, quasi Andante - Allegro vivo
2.2.Andantino in modo di canzone
3.3.Scherzo. Pizzicato ostinato. Allegro
4.4.Finale. Allegro con fuoco

Symphony no. 5 in E minor op. 64
5.1. Andante - Allegro con anima
6.2.Andante Contabile, con alcuna licenza - Moderato con anima - Andante mosso - Allegro non troppo - Tempo Ⅰ

チャイコフスキーの交響曲第4番と、交響曲第5番の第2楽章まで。交響曲第5番が2枚に分かれてしまっているのは仕方ないのか。交響曲第4番は爽やかな感じの交響曲。時折にぎやかにもなるが、主題ではないと思う。軽さはあまり感じさせない部分が多い。第3楽章は独特だなぁ。第4楽章の盛り上げ方も今までにない感じがする。交響曲第5番は全体を聞いてから感想を書こうと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント