Karajan Symphony Editionを聴く(38)

Karajan Symphony Editionのチャイコフスキー編の4枚目。シリーズ通算としては38枚目。これで最後。曲目は以下の通り

Symphony no. 5 in E minor op. 64
1.3.Valse. Allegro moderato
2.4.Finale. Andante maestoso - Allegro vivace - Molto vivace - Moderato assai e molto maestoso - Presto

Symphony no. 6 in B minor op. 74 "Pathétique"
3.1.Adagio - Allegro non troppo - Andante - Moderato mosso - Andante - Moderato assai - Allegro vivo - Andante come prima - Andante mosso
4.2.Allegro con grazia
5.3.Allegro molto vivace
6.4.Finale. Adagio lamentoso - Andante

チャイコフスキーの交響曲第5番の後半と有名な交響曲第6番「悲愴」。交響曲第5番は随所に盛り上がりを見せる交響曲だが、主題は静かな旋律にあると思う。でも第4楽章の盛り上がりかたは結構好きだな。交響曲第6番「悲愴」はやっぱり完成度が一番高いな。有名なのもうなずける。
1カ月以上に渡ってほぼ毎日少しずつ聞いてきたこのカラヤンシンフォニーエディションもこれで終わり。また気が向いたら引っ張り出して聴こうと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント